piroPAINT_9918

カセットテープデータ エクスポートテスト

以下のzip圧縮ファイルにエミュレータ用のCASデータファイルと、
1200ボー/2400ボーの2種類のWAVファイルが入っています。

FDDの無いMSX1用に、カセットテープデータを出力するエクスポート機能のテストを行っております。

こちらの手元にMSX1(RAM16KB/32KB)の実機が無い為、動作を確認する事が出来ません。
1chipMSX、HB-F1XV(MSX2+)、エミュレータ(blueMSX)を使用しての動作確認は取れていますが、
もしMSX1実機をお持ちの方はテストにご協力頂ければ幸いです。
※データはRAMエリアのC800h〜に読み込まれますので、PV-7(8KB)、及び、DISK-BASICでは動作致しません。
尚、本ツールでは、スタートアドレスをC800h, C000h, B000h, A000h, 9000hの5つから選択して出力が可能、
WAV出力では、音量が4段階で指定可能です。

BLOAD"cas:",r でテープデータの読み込み完了後に自動で画像が展開されます。
画像は、スペースキーが押されるまで表示されます。

再度表示させたい場合は、テープを巻き戻して読み込み直すか、
お手数ですが、下記BASICプログラムを作成して実行して下さい。

10 CLEAR 200,&HC800
20 DEFUSR=&HC800
30 A=USR(1)

※USR関数の引数に0を指定すると、キー入力を待たずにBASICに制御が戻ります。

P6 エクスポートテスト

それぞれのzip圧縮ファイルに変換前のBMPファイルとp6ファイルが入っています。

こちらの手元にP6実機が無い為、確認する事が出来ません。
変換がおかしい場合はご連絡頂ければ幸いです。

p6ファイル変換には、Bernie様の"BMPtoP6G"を使用させて頂きました。
ありがとうございます。

http://p6ers.net/bernie/
http://p6ers.net/bernie/develop/bmp2p6g.html

 

ぴろやん
http://lablog.piroyan.com/
http://twitter.com/piroyan

N60

N60m

N60SR


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS