piroPAINT_9918

ツールパレットウィンドウについて

ツールパレットでは、カラーパレットと編集する際のペンの指定が出来ます。

カラーパレット

描画したい色をマウスカーソルで選択して、左マウスボタンで決定します。

選択された色は、左側の正方形の領域に表示されます。

カラーパレット上でマウスカーソルでスラッシュする(左マウスボタンを押しながらパレット上の色をなぞる)と、
その色がマスク指定となります。(白黒の斜線でチェックが付きます)
マスク指定された色は編集ウィンドウ上で描画されなくなります。
もう一度同じ操作をすると解除されます。

99x8パレットの0番(透明色)については、RGB(32,32,32)の濃いグレーで表示されていますが、実機では正常に透明色となります。

ハーフトーンパレット

ハーフトーンパレットの左右両端の色をカラーパレットから指定してタイルパターンを作成します。

カラーパレットの色を左右のマウスボタンで指定すると、左右両端の色が決定され、グラデーションのタイルパターンが生成されます。

ハーフトーンでの描画は、以下の場合に有効になります。

Scale

編集ウィンドウの拡大率をスライダーで指定します。(x1〜x32)

ショートカットキーとして、編集ウィンドウにフォーカスが当っている時に
「Ctrl+テンキー'+'」或いは「PageDown」で拡大
「Ctrl+テンキー'-'」或いは「PageUp」で縮小
が出来ます。

Paint Mode

チェックボックス

カーソル座標

編集ウィンドウ上のカーソル位置(X,Y)が表示されています。

BMPカラー深度

セーブ時のBMPカラー深度です。

9918モードでは対象VDP選択の下、P6モードではカーソル座標の下に[ 4bit]のような形式で表示されています。
4bit/8bit/24bitがあります。

メニュー→「Edit」→「Color Depth」ダイアログで変更が可能です。

画像で使用されている色数が16色の場合は、4bit/8bit/24bitから選択可能です。
16色以上の場合は、24bitに固定されます。

対象VDP選択(P6モードではカラーパレットモード選択)

VDPにより色出力に差がある為、それぞれの近似色を再現した6つのVDPモードを用意しています。

同じVDPでも出力装置によってさらに発色が異なる為、あくまで、それっぽい色を再現したものとなります。

P6モードでは、下記の「カラーパレットモード選択」になります。

カラーパレットモードの詳細は、P6モードについてを参照して下さい。


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS