piroPAINT_9918

Pixel Converterについて

各種モードに応じた画像変換を行うツールです。

Pixel Converter

以下の4つのモードがあり、タブで選択します。

  • TMS9918
  • V9938
  • V9958
  • PC-6x01

「Tool」メニュー→「Pixel Converter」で起動します。

TMS9918

PixCnv_9918.png

変換出来るモードは下記の3種類です。

  • Graphic 2 (SCREEN 2)
  • Multi Color Mode (SCREEN 3)
  • Half Tone

色情報のRed(赤), Green(緑), Blue(青)と、Brightness(明るさ), Contrast(コントラスト)をスライダーで調整して、好みの色味で出力する事が出来ます。

Half Toneの場合は、更に「HalfTone」スライダーで、タイルパターンの階調を指定する事が出来ます。

「Apply」ボタンを押下すると、変換結果を編集ウィンドウへコピーして編集・保存が出来ます。
その際に「Quick Save before Applying」のチェックボックスをONにしていると、変換前の画像がクイックセーブ領域に保存されます。
クイックセーブされた画像は「F1」キーを押下している間だけ参照出来るので、変換前の画像と見比べながら画像の編集が可能となります。

「Export」ボタンは、Multi Color Mode (SCREEN 3)で、且つ、横256x縦192の時のみ有効になります。
SCREEN 2モードのExportは、「Apply」後、piroPAINT9918の「File」メニュー→「Export」から行って下さい。

Graphic 2 (SCREEN 2)

256x192 (16 colors)
Graphic2.png

Multi Color Mode (SCREEN 3)

64x48 (16 colors)
MultiColorMode.png

Half Tone

指定した2色のタイルパターンを使用したハーフトーンモードです。
画像には2色しか使用されないので、Graphic 2準拠となります。

色の指定方法については、ツールパレットウィンドウについて#ce44fc86をご覧下さい。

「RGB」スライダーで元となる画像の色味を調整可能な他、
「HalfTone」スライダーでタイルパターンの階調を指定可能です。

256x192 (2 colors out of 16)
HalfTone.png

V9938

PixCnv_9938.png

変換出来るモードは下記の3種類です。

  • Graphic 4 (SCREEN 5)
  • Graphic 5 (SCREEN 6)
  • Graphic 6 (SCREEN 7)
  • Graphic 7 (SCREEN 8)

色味調整のオプションはGraphic 2のものと同様です。

「Save」ボタンを押下すると、変換結果をファイルにセーブする事が出来ます。
(編集ウィンドウに変換結果をコピーする事は出来ません)

Graphic 4 (SCREEN 5)

編集ウィンドウの画像を、MSX2のSCREEN 5に相当する「Graphic 4」モードの画像に変換・出力します。

MSXバイナリにエクスポートするには、「Export」ボタンを押下します。
「Export」ボタンは、横256x縦8〜212の時に有効になります。

256×212 (16 colors out of 512)
Graphic4.png

Graphic 5 (SCREEN 6)

編集ウィンドウの画像を、MSX2のSCREEN 6に相当する「Graphic 5」モードの画像に変換・出力します。

通常、縦座標の奇数ピクセルが間引かれ、偶数ピクセルが補間されますが、
「Odd Line」のチェックボックスをONにすると、偶数ピクセルが間引かれ、奇数ピクセルが補間されます。

「Interlace」のチェックボックスをONにすると、インターレースモードでの出力となります。
エクスポート時のファイルネームは「*.S06/*.S16」となります。

MSXバイナリにエクスポートするには、「Export」ボタンを押下します。
「Export」ボタンは、横512x縦8〜424の時に有効になります。

  • Even Line (Default)
    512×212 (4 colors out of 512)
    Graphic5_even.png
  • Odd Line
    512×212 (4 colors out of 512)
    Graphic5_odd.png
  • Interlace
    512×424 (4 colors out of 512)
    Graphic5_int.png

Graphic 6 (SCREEN 7)

編集ウィンドウの画像を、MSX2のSCREEN 7に相当する「Graphic 6」モードの画像に変換・出力します。

通常、縦座標の奇数ピクセルが間引かれ、偶数ピクセルが補間されますが、
「Odd Line」のチェックボックスをONにすると、偶数ピクセルが間引かれ、奇数ピクセルが補間されます。

「Interlace」のチェックボックスをONにすると、インターレースモードでの出力となります。
エクスポート時のファイルネームは「*.S07/*.S17」となります。

MSXバイナリにエクスポートするには、「Export」ボタンを押下します。
「Export」ボタンは、横512x縦8〜424の時に有効になります。

  • Even Line (Default)
    512×212 (16 colors out of 512)
    Graphic6_even.png
  • Odd Line
    512×212 (16 colors out of 512)
    Graphic6_odd.png
  • Interlace
    512×424 (16 colors out of 512)
    Graphic6_int.png

Graphic 7 (SCREEN 8)

編集ウィンドウの画像を、MSX2のSCREEN 8に相当する「Graphic 7」モードの画像に変換・出力します。

MSXバイナリにエクスポートするには、「Export」ボタンを押下します。
「Export」ボタンは、横256x縦8〜212の時に有効になります。

256×212 (256 colors)
Graphic7.png

  • Error Diffusion dithering
    256×212 (256 colors)
    Graphic7_ED.png
  • Floyd-Steinberg dithering
    256×212 (256 colors)
    Graphic7_FS.png

V9958

PixCnv_9958.png

変換出来るモードは下記の2種類です。

  • YJK Video Mode (SCREEN 10/11)
  • YJK Video Mode (SCREEN 12)

色味調整のオプションはGraphic 2のものと異なり、Y, J, K 要素を指定します。

「Save」ボタンを押下すると、変換結果をファイルにセーブする事が出来ます。
(編集ウィンドウに変換結果をコピーする事は出来ません)

YJK方式の特性(?)として、全体的に若干白っぽく変換されますが、ほぼ実機通りのプレビュー結果となっています。
(エクスポートデータは計算式通りの数値ですが、MSX実機で表示すると元絵に比べて若干白っぽく表示されてしまう)
元絵の色合いに近付けたい場合は、Y要素をマイナス方向に調整してみて下さい。(元絵によりますが、おおよそ-10〜-20前後)

YJK Video Mode (SCREEN 10/11)

編集ウィンドウの画像を、MSX2+/turboRのSCREEN 10/11に相当する自然画モード(12499色モード)の画像に変換・出力します。

MSXバイナリにエクスポートするには、「Export」ボタンを押下します。
「Export」ボタンは、横256x縦8〜212の時に有効になります。

SCREEN 10/11のモードでは、Y要素が4ビットで保存され、インデックスカラービットは0固定となります。

YJK Video Mode (SCREEN 12)

編集ウィンドウの画像を、MSX2+/turboRのSCREEN 12に相当する自然画モード(19768色モード)の画像に変換・出力します。

MSXバイナリにエクスポートするには、「Export」ボタンを押下します。
「Export」ボタンは、横256x縦8〜212の時に有効になります。

SCREEN 12のモードでは、Y要素が5ビットで保存されます。

  • Normal
    YJK.png
  • GrayScale (Y element Only)
    YJK_Yonly.png
  • GrayScale (NTSC Coef. Method)
    YJK_NTSC_coef.png

PC-6x01

PixCnv_P6.png

変換出来るモードは下記の7種類です。

  • Pixel Aspect Ratio 1:1
  • Pixel Aspect Ratio 2:1
  • Pixel Aspect Ratio 1:2
  • Pixel Aspect Ratio 4:4
  • Pixel Aspect Ratio 4:6
  • Half Tone 1:1
  • Half Tone 2:1

色味調整のオプションはTMS9918のGraphic 2のものと同様です。

画像のピクセルサイズは、piroPAINTの仕様で縦横8〜640まで可変の為、変換する際のピクセルアスペクト比を選択するようにしています。
パレットウィンドウでパレットを変更すると、それぞれの色に応じた変換結果が得られます。

「Apply」ボタンを押下すると、変換結果を編集ウィンドウへコピーして編集・保存が出来ます。
その際に「Quick Save before Applying」のチェックボックスをONにしていると、変換前の画像がクイックセーブ領域に保存されます。
クイックセーブされた画像は「F1」キーを押下している間だけ参照出来るので、変換前の画像と見比べながら画像の編集が可能となります。

「Apply」で適用後、P6_PAINTモードのピクセルモードは、変換時の「Pixel Aspect Ratio」に応じて変更されます。(4:4, 4:6は、2:1になります)

以下、各画像サンプルは15色モードで変換を行っています。

Pixel Aspect Ratio 1:1

1x1のサイズのピクセルで画像変換して出力するモードです。

P6_1_1.png

Pixel Aspect Ratio 2:1

2x1のサイズのピクセルで画像変換して出力するモードです。

P6_2_1.png

Pixel Aspect Ratio 1:2

1x2のサイズのピクセルで画像変換して出力するモードです。

縦座標の奇数ピクセルが間引かれ、偶数ピクセルが補間されます。

P6_1_2.png

Pixel Aspect Ratio 4:4

4x4のサイズのピクセルで、セミグラフィック風に出力するモードです。
Apply後の編集は、Pen Mode :「Block4」で行って下さい。

P6_4_4.png

Pixel Aspect Ratio 4:6

4x6のサイズのピクセルで、セミグラフィック風に出力するモードです。
一応付けてみましたが、対応するペンモードが無い為、実質編集は困難です。

P6_4_6.png
それ以前に、何が何だか判らないかも。。(汗)

Half Tone 1:1

1x1のサイズのピクセルでハーフトーン画像に変換して出力するモードです。
各種オプションは、TMS9918のものと同様です。

Half Tone 2:1

2x1のサイズのピクセルでハーフトーン画像に変換して出力するモードです。

HalfTone_P6.png

PC-8801

PixCnv_PC88.png

変換出来るモードは下記の2種類です。

  • Pixel Aspect Ratio 1:2
  • Half Tone 1:2

Pixel Aspect Ratio 1:2

1x2のサイズのピクセルで画像変換して出力するモードです。

縦座標の奇数ピクセルが間引かれ、偶数ピクセルが補間されます。

PC88_1_2.png

Half Tone 1:2

1x2のサイズのピクセルでハーフトーン画像に変換して出力するモードです。

変換オプションについて

NTSC Coef. method

「NTSC加重平均法」を用いて色変換を行います。(詳しい解説は他に譲ります)

P6のパレットカラーを構成するRGB値は、0,172, 255の組み合わせで構成されている為、色空間による近似色が正確に求められません。
※赤(255,0,0)・緑(0,255,0)・青(0,0,255)のRGB値を加算した場合、全て255で同値となりますが、
恐らく内部的な計算順序の都合で、赤→緑→青の順番に評価されて適用されています。

このオプションをONにすると、RGBそれぞれの色要素に「NTSC加重平均法」に則った重みがつけられ、おおよそ

(明るい色) 緑→赤→青 (暗い色)

と評価して変換を行い、より自然な色味になります。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-03-09 (水) 02:22:37 (1007d)