piroPAINT_9918

更新履歴

ver.1.22 (NEW!)

  • 誤差拡散処理のメモリリークによる不具合を修正。
  • 「Save Consective」のファイル名生成ロジックの不具合を修正。
  • 最大1024×1024の画像サイズの読込み・編集・保存に対応。

ver.1.21

  • 開発環境を C++ Builder 10 に変更。
    • 制限事項にあったタイトルバー、ボタンの表示崩れが無くなりました。
    • ウィンドウコンポーネントがバージョンアップしました。
  • PNGファイルの読み込み/保存に対応。

ver.1.20

  • Pixel Converterに以下の機能を追加。
    • V9938 : 「Graphic4(SCREEN 5)」にインターレースモードを追加。
    • PC-8801 : 2種類のカラートーンモードを追加。
      アナログ8色のコンバート、エクスポートに対応。
  • Shiftキーを押しながらマウスボタンの右クリックで、ハーフトーンの右側色をスポイト出来るようにしました。

ver.1.19

  • Pixel Converterに以下の機能を追加。
    • V9938 : 「Graphic7(SCREEN 8)」に3種類の誤差拡散ディザを追加。
      「Graphic4〜6(SCREEN 5〜7)」のエクスポート時、パレットデータを含めるかどうかを選択出来るよう対応。
    • V9958 : 「SCREEN 10、12」のエクスポート時、ファイル名の拡張子をそれぞれ
      「*.S10/*.SCA」、「*.S12/*.SCC」から選択出来るよう対応。
    • PC-8801 : 3種類の誤差拡散ディザを追加。
  • その他、細かい不具合の修正。

ver.1.18

  • Undo/Redo機能を強化。256段階までのUndo/Redoに対応。
  • Pixel Converterに以下の機能を追加。
    • PC-8801 : RGBプレーンベタデータのエクスポート機能を実装。
      ※画像の横幅が640の時にエクスポートボタンが有効になります。

ver.1.17

  • PC-88_PAINTモードを搭載。
  • Pixel Converterに以下の機能を追加。
    • PC-8801 :「Pixel Aspect Ratio 1:2」、「Half Tone 1:2」を追加。
      ※PC-8801のエクスポート機能は未実装です。

ver.1.16

  • 8x8ドットのパターンコピー機能に反転機能を追加。
    Ctrlキー押下時にツールパレットに表示されるパターンを左クリックすると左右反転、右クリックすると上下反転します。
  • 小さい領域をFillした際に、Undo/Redoが反映されなくなる不具合を修正。
  • グリッド表示がONの際に、左マウスボタンをクリックしたまま枠外にマウスポインタを移動させると、表示が崩れる不具合を修正。

ver.1.15

  • 8ドット境界を示すグリッドの表示に対応。
  • 8x8ドットのパターンコピー機能を追加。
    Ctrlキーを押しながらマウスボタンの右クリックでパターン定義、左クリックでパターンを描画します。
    (通常/グリッド表示時は8ドット単位、FreeDrawモード時は1ドット単位で描画します。)

ver.1.14

  • エクスポート機能の拡張:
    • カセットテープデータ(CASファイル/WAVファイル)の出力に対応。
      MSX1(16KB以上)で実行可能な画像ローダを含んだデータを出力します。

ver.1.13

  • Pixel Converterの「Graphic7(SCREEN 8)」にて、SAVEボタンによる画像の保存が正常に行われない不具合を修正。

ver.1.12

  • 拡大/縮小時の挙動を変更。再描画時のスクロールバーの基準点を画面の中心にしました。
  • Pixel Converterに以下の機能を追加。
    • V9938 :「Graphic5(SCREEN 6)」、「Graphic6(SCREEN 7)」に偶数/奇数ラインの選択と、インターレースモードを追加。

ver.1.11

  • Pixel Converterに以下のモードを追加。
    • TMS9918 :「MultiColorMode(SCREEN 3)」のエクスポートに対応。
    • V9938 :「Graphic5(SCREEN 6)」を追加。
    • V9958 :「YJK Video Mode(SCREEN 10/11)」を追加。

ver.1.10

  • P6_PAINTモードの15色パレットの並びを変更。
  • 左右反転機能を搭載。編集ウィンドウにフォーカスが当たっているとき、「R」キーで編集ウィンドウ内の画像が左右反転します。
  • Pixelアスペクト比をツールパレットに表示するよう修正。
  • 「Save Consecutive(連番保存)」で保存したデータを読み込み、同機能で再保存した場合、後ろの連番(日付)を更新するよう修正。
  • アプリケーション終了時、データの更新があれば確認ダイアログを表示するよう修正。
  • PC-6x01のPixel Converterにエクスポート機能を実装。
    エクスポートが行えるのは、256×192、320×200、640×400で、Pixelアスペクト比が1:1、2:1、1:2の画像です。
    p6ファイル変換には、Bernie様の"BMPtoP6G"をご使用下さい。

    http://p6ers.net/bernie/
    http://p6ers.net/bernie/develop/bmp2p6g.html

ver.1.09

  • カラーマスク機能を搭載。(描画時の排他色の指定が可能)
  • PC-6x01のPixel Converterに「Pixel Aspect Ratio 1:2」を追加。
  • PC-6x01のPixel Converterに「P6 Rules」オプションを追加。
    (現在、Pixel Aspect Ratio 2:1、Color 8の時のみ有効になります)
  • V9938のPixel Converterに「Graphic4」「 Graphic6」を追加。
  • Half Toneモードの高速化。
  • V9938のPixel Converterにて、Graphic7モードのExport時に
    正しいカラー情報が反映されない不具合を修正。
  • PC-6x01のPixel Converterにて、特定の操作を行った際に
    TMS9918のパレットカラーでレンダリングされる不具合を修正。

ver.1.08

  • P6_PAINTモードを搭載。
  • Paint ModeにFill機能を搭載。FreeDrawモードで有効になります。
    (P6_PAINTモードはデフォルトでFreeDrawモードです)
  • 99x8 ConverterをPixel Converterに改名。
  • Pixel Converterの若干の高速化。
  • V9938のGraphic7(256色)モードのコンバータを搭載。
  • Pixel ConverterにHalfToneモードを搭載。

ver.1.07

  • 99x8コンバータを搭載。
  • Free Drawモードを搭載。
  • Quick Save/Quick Load機能を搭載。

ver.1.06

  • セーブ時のカラー深度の設定(4bit/8bit/24bit)に対応。
  • 最大640×640の画像サイズの読込み・編集・保存に対応。
    (VGAサイズを扱う為の変更。
    MSXエクスポートが行えるのは、256×192の画像のみです。)

ver.1.05

  • 最大512×512の画像サイズの読込み・編集・保存に対応。
    (但し、MSXエクスポートが行えるのは、256×192の画像のみです。)
  • 新規作成時、初期カラーを選択出来るよう修正。
  • 編集ウィンドウへドラッグ&ドロップでのファイル読込みに対応。
  • カラーチェック時にプログレスバーを表示するよう修正。
  • 一部のペイントツールで作成したBMPを読込むと、ストリームエラーが
    発生していた不具合を修正。
  • 上書き保存時に保存確認をするよう変更。

ver.1.04

  • 8bitカラーのBMPを読込んだ際、パレットが崩れる不具合を修正。
  • ファイル読込み時にVDPモードを自動検出するよう修正。
  • 保存BMPの形式をアルファデータ無し24bitカラーに変更。
  • カラーチェック機能を強化。
    エラー箇所の明示化と、エラーログの出力に対応。
  • マウスカーソルの位置表示に対応。

ver.1.03

  • 「Save(上書き保存)」に、Ctrl+Sのショートカットを割り当て。
  • 「Save As(名前を付けて保存)」「Save Consecutive(連番保存)」を追加。

ver.1.02

  • 「Block4」のPaint Modeにて、色を置く場所によって
    正しく描画されない不具合を修正。

ver.1.01

  • エクスポート機能の修正:
    • 出力ファイル名の指定に対応。
    • VRAMイメージ生成のロジックを見直し。
    • パターンジェネレータテーブルとカラーテーブルの圧縮に対応。

ver.1.0

  • 初公開バージョン。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-05-03 (火) 18:26:55 (775d)